加齢性黄斑変性 < 目の病気について

加齢性黄斑変性

加齢性黄斑変性とは?
加齢により、物をよく見る網膜の黄斑部に変性を来す眼の病気です。視力が極端に低下し、ものがゆがんで見えたり、見ようとする中心部が見えなくなったりし、 徐々に進行します。時には黄斑部からの出血により突然見えなくなります。日本では比較的少ないと考えられていましたが、人口の高齢化と生活の欧米化により近年著しく増加しており、失明原因の第4位となっています。50歳以上の人の約1%にみられ、高齢になるほど多くみられます。
症状
何となく見づらい、テレビが白黒に見える、画面が歪んでいる、人の顔が細長い、視野の中心部が暗く部分的に欠けて見えるなど。
治療
■抗VEGF硝子体内注射
脈絡膜新生血管の発生には血管内皮増殖因子(vascular endothelial growth factor:VEGF)が関係していると考えられており、VEGFを阻害することにより脈絡膜新生血管を退縮させる治療法です。

■レーザー治療
レーザー光線で新生血管のあるところに照射します。
中心窩から離れたところに新生血管がある場合に行う治療です。

■光線力学療法(PDT)
光に反応する薬を腕の静脈から注射投与し、弱いレーザーを照射して新生血管を閉塞させます。
白内障手術
硝子体注射

アクセス

まつお眼科

TEL 042-851-2343

コピオ相模原インター 1F

〒252-0104
神奈川県相模原市
緑区向原4-2-3
コピオ相模原インター内

詳しくはこちら

アレルギー検査

上へ
下へ